IHTMLDocument 1~3

 Documentプロパティ自体は、 IHTMLDocument, IHTMLDocument2, IHTMLDocument3の3つのインターフェースを実装しているため、必要なメソッドに応じてこれらのいずれかに変換すると良いです。個人的な感覚になりますが、IHTMLDocumentは機能がなさすぎて使い道なし、IHTMLDocument3は、DOMをゴリゴリ直接操作したい人向け、IHTMLDocument2は手軽にページの各要素を操作したい人向け(IHTMLDocument3のラッパー的な位置づけ)、という印象です。

blog.clockahead.com