Amazon Machine Learningやってみるぞー!

dev.classmethod.jp

加速度センサー無線タグTWE Lite 2525-A(トワイライトニコニコ) がオモシロイ!

傾けたらLINEに飛ばすを作ってみる!

 

◆参考
こちらのサイトを凄く参考にさせて頂いております!
https://qiita.com/maechi/items/55afe464ef3a0ee8e578

◆材料

秋葉原千石電商本館1階で買ってきました!
1.TWE-LITE-2525A(トワイライトニコニコ)※加速度センサー無線タグ
2.MONOSTICK(モノスティック)Cタイプ ※センサーデータ受信器
3.Surface Pro4/Windows10(64bit)/TeraTerm,Python3
※後で、Raspberry Pi3で使う予定ですが、まずはWindowsにて。
(Raspberryは使い方をレクチャーもらう予定で、待ち。)


◆手順
※私のSurfaceには入っていないもので実際はteratermインストールから始めましたが・・・その説明は省略。

(1)まずは設定変更だ!

(1-1) 動画で概略を掴む
まずはトワイライトニコニコのOTA設定をします!
参考動画(2分間)を見みてみよう!
https://www.youtube.com/watch?v=uq_pkrvypBA


(1-2)App_Tagをダウンロードする
https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-APPS/App_Tag/download.html
※執筆時点で最新のv2.0.3には、Blue用とRed用があります。
私のmonosutickはBでもRでもなくC(クリアケース)なのですが、B扱いです。
※私のTWE Lite2525Aが2.0.1である模様で、App_Tagも2.0.1じゃないと
後で書き込みに失敗します。ヴァージョンを合わせましょう!

(1-3)Windows 用 TWELITE プログラマをインストール
https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-APPS/LiteProg/index.html


(1-4) OTA設定ファームウェアをMONOスティックにインストール
App_Tag-Parent-BLUE-OTA.bin(親機OTA設定用)を
TWELITEプログラマからMONOSTICKにインストールします。

(1-5) 設定の変更
一回、USBを抜いて、指して、Tera Termを立ち上げる。
Tera Termにポートが認識されているはずなので、ポートを選択。
ボー・レートを11520に設定してエンターを押すと、、、コンフィグ画面が出る!

たとえば、dと書いてEnter→500と書いてEnter→S(大文字S)とすると、
スリープ間隔が500に設定されます。

センサ設定は、こちらを参考に!
https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-Lite-2525A/manual_settings.html


では、シェイクを検出する32に設定してみましょう。
p(小文字)と書いてEnter→32と書いてEnter→S(大文字S)とします。
設定一覧の横に*が付いている場合は、保存S(大文字S)がうまくできていません。

それから、チャンネル設定(小文字c)も忘れずに!21番としておこうか!

さらに初回のみ絶対に忘れてはいけないのは、
親機をApp_Tagに設定するためにオプションビットを0x00000001に変更すること。
最初、これが分からなくて受信できなかった。説明はこちらに。
https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-Lite-2525A/manual_App_tag.html

その後、TWELIET2525AとMONOSTICKを【かなり近づけた状態(1cm以内)】にした上で、
TWELIET2525Aに電池を入れます。すると、SUCCESSが表示されるはず。
遠いと、FAILUREが出ます。

一度、テラタームを切断しましょう。

(1-6)データ検出
TWELITEプログラマ経由で、MONOSTICKにファームウェアを入れなおします。
App_Tag-Parent-BLUE-MONOSTICK.binをいれます。
TWELITEプログラマをリセットして、テラターム(115200設定を忘れずに)を立ち上げる

Tera Termに"+++"を入力すると、設定モードになります。(ゆっくり+を3回ね。)
チャンネルを合わせよう。

さぁ、設定が終わったら大文字Sで再起動すると、、、
テラターム上で動いているのが分かる!

(2)さぁ、プログラミングだ!

(2-1)まずは、Pythonの参考スクリプト
https://mono-wireless.com/jp/products/TWE-APPS/App_Twelite/python_twelite/index.html

 

ここまで来たら、あとはpythonプログラミングだね!

pip install pyserialでserialをインストールして、

s = serial.Serial('COM3', 115200)

 みたいに、シリアルを開けばOKです!

さぁ、LINEに飛ばしてみよう!

 

◆参考:データの意味

rc: 中継機のSID(中継していない場合は0x80000000)
lq: LQI
ct: 続き番号
ed: 子機SID
id: 子機論理デバイスID
ba: 子機の電源電圧(mV)
a1: AI1(mV)
a2: AI3(mV)
x: x軸の加速度(mg*10)
y: y軸の加速度(mg*10)
y: z軸の加速度(mg*10)

 

異なるデバイスだが、多分このページの情報で合っていると思う。

TWELITE 2525Aを無線タグアプリで使ってみる - MONO-WIRELESS.COM

 

※重力加速度を1Gと考えて、平に置くと、常に100(mg*10)くらいかかっているのが観測できます!

IoTやってみる!

≪構成≫

◆Sensor(加速度センサー無線式):TWE LITE 2525A、MONOSTICK

加速度センサー無線タグ TWELITE 2525A-トワイライトニコニコ - MONO-WIRELESS.COM

◆Machine:Rasberry Pi 3
SNS:LINE @ Developper Trial (無料)
◆Strage:AWS S3 (ラズベリーからLINEに対して直接の写真転送はできないため、一時的なデータ格納場所が必要)

 

材料費:15,000円+製作時間:休日1日でできそうです。

 

≪参考≫

◆ラズパイxカメラxセンサー

ascii.jp

⇒ 岡田さん、これを真似て作ってみたいです

 

Twitter連携ドアカメラ

qiita.com

 

◆サーバーワークス社のブログ記事

blog.serverworks.co.jp

リモートワーク関連情報

◆sansan

会議の盛り上がりの共有に課題があるのかも。

 

www.huffingtonpost.jp

IoT時代のTCP vs UDP

◆まず、トランスポート層が、何のために必要か?

⇒ IPパケットを正しい順番で送受信するため。

 

gihyo.jp

 

◆MQTT over TCPUDPの比較
http://ngm2m.jp/m2m/files/symp2014_suzuki_pm.pdf
⇒ pdfのp.25

 

Salesforce上のファイルのダウンロード/アップロード

base.terrasky.co.jp