proxyを通すには!

展開して頂いて、requestsというフォルダの中身は、Apache2ライセンス(商用可能)のOSSなのですが、そのまま使えます。HTTPリクエストを発行するためのモジュールです。

◆先頭行に
import requests

◆POST実行関数

def LiveAgentSend(text, SessionInfo):
SFDC_LA_HEADERS = {
'X-LIVEAGENT-API-VERSION': '29',
# 'X-LIVEAGENT-SEQUENCE':'1',
'X-LIVEAGENT-SESSION-KEY': SessionInfo['SessionKey']
# 'X-LIVEAGENT-SESSION-KEY': "fdgfgddf"
# 'X-LIVEAGENT-AFFINITY': SessionInfo['Affinity'],

}
payload = {
'text': text,
}

response = requests.post(SFDC_LA_ENDPOINT+'Chasitor/ChatMessage', headers = SFDC_LA_HEADERS, data = json.dumps(payload))

というように記載すると、postが送れます。
payloadの中に、jsonのbodyを記載できます。

◆プロキシを通す場合の記載(以下はgetの場合)

proxies = {
"http":"http://proxy.-----.co.jp/proxy.pac",
"https":"http://proxy.-----.co.jp/proxy.pac"
}
r = requests.get('https://github.com/timeline.json', proxies=proxies)

↑↑↑と、書かれても困りますよね。。。